忍者ブログ
Failure is success if we learn from it.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■プレイボーイ シガー ロブスト■ ドミニカ産 ★★

説明不要の有名な成人雑誌がブランド名の葉巻。
ラベルがそのままのロゴなので可愛い。
薄味でやや乾き系の渋みがありつつも、中々にまろやかでドミニカらしい始まり方。
ドライフルーツの様な果実系の香り。ロメオから酸味とコクを取った感じでしょうか。
強さはさほど無く、口内の上部分に干草とわずかに果実系の香りが残る感じで、
鼻口無いにも若干の酸味を残すわかりやすい非キューバ特有の印象。
吸い心地が非常にソフトで味もまろやかなんですが、油断して吸ってるとやや胃に来る強さ。

中盤からは多少辛味とエグ味が出、フルーツを思わせる香りはだんだん消えてくる。
この少し悪い意味での急激な変化が特徴と言えばそうなるのかも。
ふと2005年あたりの葉巻に手を出し始めた頃によく吸っていた、「ラ・フロール・ドミニカーナ」を
思わせる味変化の流れ。懐かしい味なので嫌いじゃないんですが、
いかんせん強さと煙草感も増して来るので疲れてきている。最後まで行けるかな?。
甘みと香りは消えつつあり、干草の様な良く言えばハーブ系の香りに移行。
強さとエグ味もしかり。さらにニコチンによるアルミ臭を思わせるエグ味も出てきたので終了。

序盤から中盤までは中々かもしれない。が、国内流通価格1000円の物としては寂しい印象。
例えば国内価格500円の「ティアモ・ドミニカブレンド」は終盤まで満足感が味わえる。
後半に口直しのドリンクを考えてしまうほどの劣化が本当に惜しい。

公式サイトはこちら:http://www.playboycigaroffer.com/

このサイトもそうなんですが、イメージは上手にブランドイメージを確立している。
味もイメージどおりのスムーズさにして欲しかった。

PR


■ ダビドフ プリメロス 缶入り6本 ■ ドミニカ産:6000\  ★★★★★

プリトスサイズ缶入りの6本で6000千円。なので一本1000円である。ひい。まろやかに感じるけど以外にもフルボディ。他のダビドフナンバーズより少々濃い目。牧草系の香りで強すぎず軽すぎずのバランス。一瞬、荒味かと思うような味があるが、すぐに程よいスパイシーさと気付く。すべてにおいてギリギリのバランスで保っているイメージ。煙を吐く度に若草系とも樹木系とも言える、独特のクリーミーさがあって美味しい。

若草やフローラル系の香りとなると、極端な植物系の味と思う人もいるかも知れないが、しかし味の奥に上品なコクがしっかりあるのだ。このバランスがなんとも言えず心地良い。分かりやすい味があるわけでもなく、強いコクがあるわけでもないのに、凄いバランスで味を保っている。ショートフィラーでこの味が出せているからこそなのだろう。後半は樹木系の味が強くなり、同時に蜂蜜系のコクも出るので大変なクリーミーさで、同時に前半にあった鼻腔をくすぐる若草系の香りも十分生き残っている。まるで木に囲まれながら甘い樹液をすすっている様な感覚、と言えばロマンチックに「蝶」と表現するだろうが、樹木系のコクがるので「樹液を啜るカブトムシ気分」と言っておこう。

樹木系&フローラルの香りとクリーミーさが高まりつつ、終了。最後はワインコルクか、ブランデーのオーク樽に囲まれているような素敵な喫煙感だった。味だけでいえば最高品質のショートフィラーである事は間違いない。しかしこのサイズで1本1000円という値段。カブトムシ気分を味わう為に6000円出せるか否か。ダビドフのショートサイズなら1600円のエンクレアクトを買ったほうが良いのかもしれない。あちらも短いが、ある程度の太さがあるので満足度も高い。


■マカヌード■ 【デュークオブデュボン カフェ】 ドミニカ産

立ち上がりからナッツ系&ウッド系の芳香。乾いた感じがドミニカらしい。
鼻腔を通るコクはスパイシーだが、喉や舌にぴりぴり来るような辛さではない。
なんだろう、プライベートストックに高級感を出した感じだろうか(やや失礼)。
味や香りが似ているわけではないんだけど、煙の舌触りや鼻の奥に香るコクがPSっぽい。
このあたりのクラスにおけるドミニカ産の個性なのかも。

中盤からコクが増してくる。やはり辛さは無い。
ここまで来ると、さすがに舌触りに酸味とやや濃い目のニコチンを感じる。
吸い始めからが物足りなく感じていた方には嬉しいのではなかろうかと。
このあたりで“ボリューム感”にも1ポイントプラス。
ラベルのあったあたりの中ごろまで、つまりかなりギリギリまで吸う。
終盤は僅かに苦味が来る。しかし強くはない。爽やかな酸味を残したまま終了。

美味しい。味わいは確かに薄いけれども、独特の乾いたコクを
楽しめるのなら十分にあり。爽やかで吸いやすく、薄味だけど香りとコクはしっかりある。
でも疲れるような強烈さでは無く…、と書くと中途半端な印象もありそうですが、
低リスクで平均的に楽しめるオールラウンダーとも言える。
少なくとも自分はそう捕らえている。品質が安定しているのも功を奏しているのだと思う。

なにより吸い易くてコクがあるのは嬉しい。いくら美味しくて安価でも
ホヤ・デ・ニカラグアを紙巻のごとく吸えるタフガイはそうは居ないだろうし、
そういった意味では「ベストよりベターを最優先した良品」だと思う。
熟成による劇的な変化は期待できそうに無いけど、デイリーとして考えたら
ちょうど良い味と価格(国内価格750円)なので、箱買いストックもありなんじゃないでしょうか。

以上、ドミニカ産の魅力をたっぷり味わえる品でした。ごちそうさま。
 

■ダビドフ 【グランクリュNo.1】ドミニカ産:2900\ ★★★★★☆

まろやかで爽やかな香り。味も雰囲気も高級感があふれる一品。
立ち上がりはややスパイシーだけど、次第に感じる辛味は薄くなり、
まろやかな花の香り&樹木系の風味が出てくる。
中盤からはまろやかなコクが染み出し、先の辛さが嘘の様に感じるほど上品な味わいに変化。

あー、美味しいなあ。ダビドフは中々にお高くとまった感があるが、
ハッタリではなく本当に上品。味が薄いのではなく、計算された風味で優しく感じる。
が、オイリーかつ強さも中々で煙の調節をしないと酔うかも。
お酒にたとえると、上品な味わいのカクテルで飲みやすいけど、
ウォッカベースなので調子に乗ると…みたいな感じであろうか。

まさに高品質。はずれ無し!が!しかし!ふつーに高い。
国内流通価格は言うまでもなく、普段使用している個人輸入でもなかなかのもの。
さよう、産地や値段は必ずしも味に直結しないのは十分理解しているつもりなんですが、
ついつい遠慮してしまうお値段ですな。国内価格1500円~でハバノスが買えるのであれば、
やはりハバノスを選んでしまう心境。ハバナよりも断然高い値段を、ドミニカ産に払えるかどうかがポイント。

普段はハバノス、記念にダビドフの高品質といのも良いかも。これを読んでいる方が石油王だったり、
FXとかでうっかり数千万儲けちゃった方ならデイリーに。僕?僕には無理だよ…。

453543.jpg






ホワイトバックにシンプルな書体。綺麗。ステキ。嫌味なくらいに(笑)

ところで、ダビドフ系はヒュミドールによる熟成がいまいち効かないような気がするのは自分だけでありましょうか。いや、比較的安価なダビドフや小さいサイズのものはけっこう変化するんですが、これくらいになると、とたんに熟成変化が乏しくなる。数本を1年くらいの時間差で試してもダビドフの高品質系だけそんな感じだった。たまたまならOKなんですが。あるいは“私はすでに完成されている”みたいな
葉巻からのメッセージなんだろうか(妄想)。まあ、デフォで品質が高い、或いはそういう特性が強い葉巻だと認識してます。んむ。

ちなみに熟成とまでは行かないですが、クリオロシリーズは少し寝かせると、えらくマイルドで吸いやすくなります。この違いはなんだろうか?クリオロについてはまた後日。
■クルゼロス・ロブスト■ ドミニカ産 国内価格650円 ★★★☆☆☆

植物系の甘みと、わずかな蜂蜜系の甘み。かなりわずか。
植物系の匂いが濃いので、やや生臭く感じる。口内に広がる香りは多いがコクは薄め。

さて、投稿一発目が微妙にマイナーな感がするが、まあ良しとしましょう。
この葉巻の特徴はやはり植物系の青臭さを安価に楽しめる部分だと思う。
植物系としてはババノスのヴェグエロスがダントツで美味しいんだけれども、
ヴェグエロスは本格派ハバノ。やはり値段もそこそこでガンガン吸える訳ではない。
けれど植物系の旨味を味わえるデイリー候補もまた少ない。
って事でデイリー候補価格で植物系となればコレかなあ?

特徴を言えば上記の通りなんですが、やっぱり粗味も多い。
同価格のドミニカ物でもっと吸い易いものが多くあるので、
上記特徴をオミットした場合は、デイリーとしてお勧め出来る味わいではないかもしれない。

数少ない安価物で植物系はプッシュしたい所ですが、惜しい。実に惜しい。
スヒュミへのトック候補とまでは行かないような気がしますが、
植物系の旨味をテストしてみる気持ちで、
一本如何でしょう。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ヤツフサ
性別:
男性
自己紹介:
犬です。20代中盤あたりから3葉巻に目覚めました。で、30になりました。ヒュミの容量がそろそろヤバイです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)犬のシガー感想ブログ《プレミアムからドライまで色々》 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]