忍者ブログ
Failure is success if we learn from it.
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■モンテクリスト No.2 ■  ★★★★

幅広く受け入れられている有名銘柄。にもかかわらず、個人的には
あまり印象に残った事が無く、いまいち手が出にくかった。
さて強烈と言われるNo.4はどうだろうか?


■見た目とは裏腹に…?


大きくマッチョな風貌からは想像できないマイルドな立ち上がり。
モンテ系の味と言えばそれまでなんですが、他ナンバーズと比べて
コクと甘みが強い。これはサイズの所為なのか、或いはブレンドなのか。
樹木系の香りと甘みを含んだコクで、味自体がリッチな気がする。
大人気のNo.4は個人的にはやや個性が薄く箱買いには至らなかったんですが、
これはコクと甘みがモンテにしては豊かなので十分に味わえる。
樹木系の香りと共に、カカオ系のコクと僅かに蜂蜜の甘み。
コクと香り双方共に控えめながらバランスを取り合っているイメージなので
さほど強さは感じなかったのですが、徐々に強烈さを感じてくる。

と、いきなり樹木系のコクが強くなり、胡椒のような酸味が出てきた。
かなり急に出てきたので驚く。味も強さもだんだんとアップしていく様だ。
舌先と口内粘膜に刺さるような、今までに無かった味も。



■やっぱりなマッチョガイ

最初のマイルド云々は何処へやら中盤以降の急激な変化が凄い。
マッチョな風貌通りの強烈さだが、同じく中盤に出てきた
蜂蜜系の甘みも維持されているので苦にはならないが、
唯のスパイシーさとは違う、胡椒系の強さには驚く。
旨み自体もかなり濃くなって来ており、終盤に強烈になる部類に
ありがちな、荒味で埋め尽くされるような事は無い。
このあたりのクオリティの維持は流石。

前半と後半のギャップが凄まじい。
ぐっと来る個性には乏しいイメージのあったモンテ系の中でも
かなり異質な部類に入るのでは。
あと樹木系の香りが僅かですが、
スカスカした雑味として感じる事も。控えめな香りを薄味として認識してしまう、
自分の舌の問題かもしれない。さすがに評価は二分しているようで、
国内外問わず「特別な一本」か「二度と手を出したくない」の
両極端に分かれている。個人的には美味しかったが、
「疲れる葉巻」である事は確かな模様。


 Montecristo No.4  たよれ(すぎ)るマッチョガイ。
mon4.jpg


















 FN
:Torped R:52  L:15cm / 6,0 inc


 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ヤツフサ
性別:
男性
自己紹介:
犬です。20代中盤あたりから3葉巻に目覚めました。で、30になりました。ヒュミの容量がそろそろヤバイです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Copyright (c)犬のシガー感想ブログ《プレミアムからドライまで色々》 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]